記事一覧

ダヴィッド・カンドー DC7 Genesis

"シンプルさは究極の洗練である" (レオナルド・ダ・ヴィンチ)

DC7 Genesisでダヴィッド・カンドーはシンプルの追求に妥協がなく、技術的に複雑なものをシンプルにし、伝統を現代的に再解釈します。
ダヴィッドはクロノメーターの精度を向上させるために、短針と長針のシンプルな2針の文字盤に、30度の傾きを有する複葉機型トゥールビヨンを合わせました。


DC7 Genesisのそれぞれの部品は効率性と耐久性を最大限に考慮したもので、視認性と腕への装着感を高め、機能性と美しさの調和を実現しました。
文字盤全体は視認性向上のためにクラウン(リューズ)側に3度傾いています。しかし、文字盤の縁はフラットのままであり、ケースとサファイアクリスタルとが真っ直ぐ揃って います。文字盤中心と外周の間のくぼんでいる部分は、12時側が高く、6時側が低くなっていて繊細な表情を見せます。オリス時計の評判この構造は他にはない存在感をもたらし、あらゆる角度から この時計の様々な表情を楽しむことができます。
今回ダヴィッドは初めて、ケースに対し3度傾いた文字盤の12時位置に30度の傾きを有する複葉機型フライングトゥールビヨンを配しました。チタン製トゥールビヨンゲージの 中で、てんぷは文字盤よりもさらに30度傾いています。これは、衝撃や体の動きによる クロノメーター精度への影響を減らすためです。



深い青色のサンレイ仕上げの文字盤は、ゆるやかなボンベ型で、外周にアラビア数字がバランスよく配置されています。スイススーパールミノヴァは昼夜問わず、高い視認性を実現しています。赤色のスイススーパールミノヴァが塗布された針はスケルトン化され、文字盤のカーブに合わせて先端が曲げられています。
文字盤を保護するドーム型サファイアクリスタルは不変の美を演出しています。サファイアクリスタルのすぐそばには格納式のマジッククラウンがあります。このマジッククラウンは2つの特許を有するのですが、6時位置に配され、D.CandauxとLe Solliatと刻印された鏡面仕上げのプレートの間にあります。そして機能性と美しさの統一感は、心地よく感じることでしよう。



ブリッジの表面はレバントの石でつや消し仕上げを施しているのですが、これは前例のない装飾技法です。ブリッジのブラックポリッシュの施された角の輝きと、力強いコントラストを織り成しています。

【関連記事】:http://yoneya.top

コメント一覧

ankopi安値 (100%実物写真) URL 2021年11月11日(木)15時11分 編集・削除

個人売買サイト新作が安値で出品されることや、100%実物写真保証!「品質安心保証」客様に安心してお買い物。安全と安心を大切に、より良い品質を追求します!