記事一覧

18Kイエローゴールド製トノー型腕時計

ヴァシュロン・コンスタンタンは、腕時計の出現によって生まれた新たな分野での表現の開拓に早くから関心を示していたメゾンの一つに数えられます。ミニチュア化における技術の進歩を語るこの新しいタイプの時計は、何よりまずデザイン・コードで他の優位に立つべく時計メーカーを駆り立てました。スーパーコピーブランド腕時計は、時計を身に着ける何世紀にも渡る伝統に対するアンチテーゼになりました。時計は今や腕の上に出現し、男性たちの関心は専ら行動的なライフスタイルに注がれたのです。


1912年にヴァシュロン・コンスタンタンは伝統的なラウンド型の男性用腕時計に先立ってトノー型(樽型)をケースに採用した最初のマニュファクチュールの一つでした。そして、このトノー型腕時計は1940年代まで全盛期を謳歌することになりました。メゾンに受け継がれる革新と創造の精神が表現されたこのトノー型の例も、過去との決別を明確に示した芸術に驚くほど人々が心酔した「狂騒の20年代」の一部を成すものでした。ヴァシュロン・コンスタンタンでは、特殊な形をした時計は“
フォルム”という言葉で表現されていました。トノー型ケースを採用し、レイルウェイのミニッツトラックや先端に丸く抜けたモチーフを配した針とアラビア数字が備わるこの1915年のイエローゴールド製の腕時計もそのフォルムに含まれます。タグホイヤー 時計 カレラ誰の腕にもフィットする縦32mm×横26mmのサイズをもったこのモデルは、当維の精神を見事なまでに放っています。


【関連記事】:ファッションに関するすべての製品と情報

コメント一覧

身につける人の魅力 URL 2021年12月29日(水)11時00分 編集・削除

女性たちの永遠の憧れでもある「ルイヴィトン」。バッグのみならず、大人の女性なら1つは持っておきたい、投資価値の高いアクセサリーが揃います。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー