記事一覧

ヴァン クリーフ&アーペルから幻想的な世界を描く「レディ フェアリー ウォッチ」が登場

ヴァン クリーフ&アーペルより、文字盤に妖精の姿をあしらった「レディ フェアリー ウォッチ」が登場する。スーパーコピーブルーグラデーションのダイアルを背景に、サファイアとダイヤモンドをまとった妖精が杖で時刻を指し示す、ロマンティックな時計だ。



レトログラード分表示とジャンピングアワー機構を備えた自動巻きムーブメントを搭載する「レディ フェアリー ウォッチ」。コスモグラフ デイトナ 偽物リュウズ側に配されたダイヤモンドインデックスは、夜空に浮かぶ星のようだ。


手元で妖精が時を知らせる「レディ フェアリー ウォッチ」
 1940年代から、妖精をモチーフとしたジュエリーや時計を生み出してきたヴァン クリーフ&アーペル。「レディ フェアリー ウォッチ」はそんなメゾンの系譜を受け継ぐ、芸術的なタイムピースだ。夜空を思わせるブルーグラデーションの文字盤には繊細なギヨシェ彫りが施され、マザー・オブ・パールの雲から月が顔をのぞかせる。topkopiこの6時位置の「月」が時表示となり、雲に腰掛ける妖精が手に持った杖がレトログラード針として分を表示する。


ヴァン クリーフ&アーペル「レディ フェアリー ウォッチ」
自動巻き(Cal.Q020)。パワーリザーブ約36時間。18KWG(直径33mm)。3気圧防水。1056万円(税別)。
 妖精の羽には、プリカジュールエナメルとグリザイユエナメルというふたつの技法を融合させることで、透明感と繊細なグラデーションを与えている。ケースバックから見えるローターには、夜空がライスグレインのギヨシェで表現され、さらに鏡面仕上げの月と星が配される。ベゼルとケースサイド、ラグにはダイヤモンドが隙間なくセッティングされ、妖精の佇む文字盤をより一層引き立てている。ホワイトのアリゲーターストラップとピンバックルは取り外しが可能となっており、付け替え用のストラップ2本とダイヤモンドがセットされたピンバックルが付属する。


妖精の顔部分に使用されているのは、ローズカットのダイヤモンド。16世紀に生み出されたローズカットは、ブリリアントカットに比べ優雅で上品なきらめきを特徴とする。

お買取品多数出品中!チュードル (チューダー )おすすめ4選

NO.1 チューダー ブラッグベイ 79230R

【商品名】ブラックベイ
【型番】79230R
【機械】自動巻き MT5602
【素材】スチール
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】41mm
【防水性】200m
【定価】396,000円(税込)
まずはチューダー初期のサブマリーナに使用されていた通称“イカ針”を採用した2016年発表のRef.79230Rのご紹介です。
文字盤には現行タイプの「盾」マークがあしらわれていますが、リューズトップにはヴィンテージ感の漂う「バラの紋章」が刻印されており、なかなか雰囲気があります。
少し珍しいレッドカラーのベゼルがまたレトロな雰囲気を醸し出していますね。
ローズゴールドで縁取りされた針やインデックスも文字盤との相性がとく、視認性にも優れています。
スポーツモデルながらフォーマルにも合わせやすい一本となっているのでおすすめです。

NO.2 ヘリテージクロノ 70330N

【商品名】ヘリテージクロノ
【型番】70330N
【機械】自動巻き
【素材】スチール
【カラー】黒×グレー
【ケースサイズ】42mm
【防水性】150m
【定価】485,100円(税込)
続いては2010年に復刻モデルとしてデビューしたチュードルのヘリテージクロノ 70330Nのご紹介です。
特徴的なツーカウンタークロノがグッときますね。カッコいいです。
1970年代の名機、手巻きクロノグラフの「モンテカルロ」を復刻したこちらのモデルは、オリジナルのデザインを踏襲しながらも現代風にアレンジされたお洒落な一本となっています。
オリジナルのモンテカルロとの違い、こちらは回転ベゼルのみの仕様で、ブレスレットには新開発の3連オイスターブレスが採用されています。
また、ケースサイズもトレンドに合わせて大型化されているのが特徴です。1970年代のオリジナルのモンテカルロを探すとなると100万円オーバーは当たり前なので、30万円台で購入できるヘリテージクロノはコストパフォーマンスも高い一本といえるのでおすすめです。

NO.3 ブラックベイGMT 79830RB

【商品名】ブラックベイ GMT
【型番】79830RB
【機械】自動巻き MT5652
【素材】スチール
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】41mm
【防水性】200m
【定価】378,000円(税込)
ケース径41mm、ケース厚14.5mm。標準的なサイズに比べてなかなかの肉厚のケースとなっており、ボリューム満点です。
ムーブメントはマニュファクチュールキャリバー MT5652。70時間のロングパワーリザーブとなっているので、実用性も高いです。スイス公認クロノメーター検査協会(COSC)によるクロノメーター認定されたムーブメントなので安心ですね。
ヴィンテージ感溢れる『リベットブレス』が採用されており、代名詞ともいえる『イカ針』も健在です!
ペプシベゼルといってもロレックスのブルー比べ落ち着いたトーンになっているので、ビジネスシーンで着用してもさほど違和感は感じません。
同年にロレックスからもGMTマスターの青赤ツートン126710BLROが発表された事もあり、人気に拍車がかかっているので、お手頃価格で買えるチューダー ペプシはかなり魅力的ではないでしょうか。

NO.4 ブラックベイダーク 79230DK

【商品名】ブラックベイ ダーク
【型番】79230DK
【機械】自動巻 MT5652
【素材】ステンレススチール(PVD加工)
【カラー】ブラック
【ケースサイズ】41mm
【防水性】200m
【国内定価】479,700円(税込)
最後は2016年発表、ステンレスにPVD加工を施した男気溢れるTUDOR チューダー ヘリテージ ブラックベイ ダーク Ref.79230DKのご紹介です。
パネライ 時計 メンズケース、ブレスレットに至るまで全てブラックPVD加工が施されたチューダー の中でも異色のモデルですね。自社ムーブメントMT5602搭載でパワーリザーブはたっぷり70時間、さらに200m防水性能など、デザインだけでなく実用性も高い一本となっています。
発表から3年余りが経過し、市場に出回り機会も多くなってきた79230DK。定価は479,700円(税込)ですが、現在の並行店の中古相場は30万円代半ばとなっているのでプライス面でもおすすめの一本です。

スケーターが指名買いする“挑戦的な時計”

安藤 変に“置きに行かない”ところが、なんとも良いんです。今年の「グリップ」もそう。

ラグジュアリーブランドのスゴい時計【4】グッチ「グリップ」


スケートボードの世界からインスピレーションを得た「グリップ」。リリースが決まったときにはオーシャンズでも大きく取り上げた。SS(イエローゴールドPVD加工)ケース、35mm径、クオーツ。20万円/グッチ(グッチ ジャパン クライアントサービス 0120-99-2177)
広田 あれを見た瞬間、安藤さんの顔がすぐに思い浮かびました。好きだろうな、と。

安藤 もう手に入れました(笑)。色はゴールドで、ケースにもブレスにもこれでもかって「インターロッキングG」が入ってるやつ。



ブレスにはたくさんの「インターロッキングG」が。
広田 グリップは、中身はよくあるクオーツムーブメントなんですけど、それでこんな重いディスクを回転させるなんて、時計専業メーカーだったら絶対にやんないですよね(笑)。

安藤 視認性も全然良くない(笑)。でもそんなのグッチには関係ない。時間を知りたけりゃ、スマホで確認すればいいじゃん、みたいな。ロックな気分というか、してると自分が強くなった気分になる(笑)。

広田 ひとつの方向性として、超アリ。


安藤さんの私物。しっかり馴染んでいる。
安藤 世界の潮流は「ラグジュアリーストリート」ですから、この時計はまさにドンピシャじゃないかと。もちろんオフタイムでの活躍は間違いないです。この前、六本木ヒルズのグッチのスタッフと話してたら、この時計に限っては指名買いらしいんですよね。スケボーを脇に抱えて買いに来る人もいるとか。僕は、あえてビジネスでしたいです。カチッとしたスーツに合わせても「ハズし」としてカッコいいし、見た人は絶対に気になるから会話の糸口にもなる。挑戦的な時計をしている自分に酔えるし(笑)。

広田 グッチにしか作れない時計ですよね。

安藤 だと思います。来年にはグリップの新作のスペシャルモデルが発売される予定ですが、これがまた良い。真面目な話、買いたいんですよねー。でも、たぶん瞬殺だと思います。グッチの商品ラインナップにあって、時計はかなりリーズナブルなんですよ。洋服なんかよりも買いやすい。だからグッチの入門編としても、買いやすいジャンルだと思います。

究極の“鳴り物入り”。胸まで高鳴る「パテック フィリップ」の最新ミニット・リピーター

クラシカルな黒文字盤が精悍な腕時計は、パテック フィリップ最新作「グランド・コンプリケーション6301P」。

時価と設定されているが、買うとなるとスーパーカー5台分は下らない邦貨9桁クラスの代物。

ミニマルを極めたデザインに物欲を刺激されるが、おいそれと手は出せそうもない……。その理由は、サファイアクリスタル製の裏蓋から覗くキャリバーにある。


三大複雑機構として、トゥールビヨン、永久カレンダーと並ぶ「ミニット・リピーター」モデルであり、加えて、異なる2つのチャイム機能を備えた“超”複雑機構だからだ。

ミニット・リピーターとは、内部のハンマーがゴングを鳴らすことで、知りたい時間をオンデマンドで知らせる機構。本作では、リュウズ頂部に備わるプッシャーを押すと、低音のゴングが「時」を、低・中・高の3音が15分ごとの「クオーター」を、そして高音が「残りの分」を鳴らす。

この様子は言葉を尽くすより、こちらから動画で確認してほしい。

そして、併載されるのは、正時と時とクオーター3回の計4回を1時間毎に自動的に鳴らすグランドソヌリ機構と、1時間に一度、正時とクオーターにも鳴らすプティットソヌリ機構(雑に言えば、仕掛けのない鳩時計のようなチャイム機能)。なお、これらを機能させない「サイレント」とともに、6時位置のスライダーでモード選択が可能だ。


折りたたんだ“立体マスク”を横から見たようなイカリ型のハンマーが目印。透かし彫りをしたカラトラバ十字の左右に2個一対と、向かって左に1個の計3つを備え、時計内部のゴングを叩く。1秒毎を刻むジャンピングセコンドの技術も優れる。プラチナケース、44.8mm経、手巻き。時価/パテック フィリップ(パテック フィリップ ジャパン 03-3255-8109)
かかる動作には高いトルクを要するが、時刻表示用に2つ、チャイム用に2つ、合計4つの香箱(主ゼンマイを収める箱)を備えることでパワーを確保。3機能をまとめる工作技術には、時計界も驚嘆。音色にも万全のチェックが入る点は、さすが名門。

ティエリー・スターン社長自らがお墨付きを与えたものだけが世に出るという。時計界では最高クラスのプラチナケースに本黒七宝ダイヤルと万全の装いとなれば、なるほど時計界注目の“鳴り物”。

飾らない見た目の奥に広がる背景を知れば知るほど、欲しくなるというジレンマ。胸まで「高鳴る」名品だ。


【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ