ひよこ組  2022年9月1日(木) 13:04
修正
毎日がとっても賑やかなひよこ組。1歳児は、身のまわりのことを少しずつ出来るようにと保育士に手伝ってもらいながら頑張っています。0歳児は、ずり這いで好きなところに行けるようになった子や、つかまり立ちや一人歩きが出来るようになった子等…興味があるところへ進んでいくようになったりと動きが活発になり目が離せなくなってきています。子どもたちの成長が嬉しい毎日です。給食では、手づかみが上手になったり、コップ飲みが出来るようになったり、スプーンを下から持つ練習を始めたりしていますよ。また、「カミカミ」「もぐもぐ、ごっくん!」の言葉かけを行ないながら噛み応えのあるものをしっかり噛み、飲み込むという経験を大切にしています。夏のあそびもたくさん経験し、これから戸外遊びが楽しい季節にもなります。風の気持ち良さ、砂の手触りの心地良さを感じながら外遊びを満喫したいと思います。子どもたちが安心して過ごせるように関わっていきたいと思っています。

  こねこ組  2022年8月24日(水) 13:38 修正
色々なことに興味津々で、何事にも意欲的なこねこ組。着替えや片づけなど、身のまわりのことも保育士に手伝ってもらいながら頑張っているところです。おしゃべりも盛んになり、時折お姉さん(お兄さん)口調でお友だちとの会話を楽しんでいますよ。カット前のパイナップルがこねこ組へ…トゲトゲの葉っぱに驚きながら恐る恐る触ったり、匂いを嗅いだりと観察し「いいにおいね〜」「チクチク」自分の感じたことを言葉で伝えていました。泥んこ遊びでは、回を重ねるごとに大胆になり自分から水たまりにジャンプするなど思いっきり楽しんでいました。暑さで外に出られない日には、室内でバランス棒やリング・マットを使い、体を使った遊びを楽しんでいます。水あそびでは、初日…水着を嬉しそうにみせて笑顔のこねこ組。水が顔にかかるのが苦手だった子も上手にプルン!出来るようになりました。フィンガーペインティングにも挑戦!絵の具の感触に戸惑う姿もありましたが、慣れてくると絵の具をつける範囲も指先から手のひらへと広がり、紙いっぱいにお絵かきして楽しみました。今後も子どもたちの“できた!”を見守り、一緒に喜び合いながら楽しく過ごしていきたいと思います。

  うさぎ組  2022年8月24日(水) 13:03 修正
お手伝いが大好きなうさぎ組。保育士が掃除を始めると子どもたちの方から声をかけてくれます。「ありがとう」と伝えると照れくさそうに返事をする子どもたちです。夏ならではの遊びの中で「あれに挑戦したい!」「こうしてみたい」などの思いを伝える姿がたくさん見られるようにもなりました。いろんなことを経験し、笑顔いっぱいで夏を楽しむ子どもたち…プールあそびでは顔をつけたり、潜ったり、ワニ歩きで水の中を散歩したり、みんなで流れるプールを作ったりと様々なあそびを楽しみました。ストローや牛乳パックなどの様々な物を使い、自分だけの船づくりにも挑戦!考えて切ったり貼ったり…悩みながら保育士と一緒に考えて進めていき、プールに浮かんだ船を見て嬉しそうでした。色水あそびでは自分の好きな色を使って色を混ぜ楽しみました。足したら色が変わり、たくさんの気づきがあったようでお友だち同士で試してみたり、予想をして楽しむ姿がありました。ボディペインティングでは、最初は戸惑いが見られた子どもたちも、どんどんダイナミックになっていました。また、自分たちのタオルを使い洗濯にも挑戦!ゴシゴシ擦って綺麗になっていましたよ。これからも子どもたちの声に耳を傾け、思いを受けとめながらチャレンジの手助けをしていきたいと思います。

  きりん組  2022年8月24日(水) 12:04 修正
みんなで頑張ったわくわくチャレンジ!…お祭りごっこの準備やお買い物ごっこ等、わくわくチャレンジでは“仲良く協力する”と約束を決め取り組みました。話し合いが上手くいく時もあれば、意見がぶつかってしまう時もありましたが、約束を思い出し楽しく参加することが出来ました。プールあそびでは、潜ったり、バタ足の練習など積極的に泳いだり、自分で目標を決め取り組んでいる姿も見られました。夏野菜の観察では、水やりや成長の観察を積極的にし、大きくなった野菜の収穫を喜んでいました。また、収穫した野菜でスタンプをしたり、野菜の葉っぱや身近にある植物を使って色水を作ったりもしましたよ。ボディペインティングでは、感触を楽しみながら大胆に体に色を付け夢中になっていました。船づくりでは「先生材料もってきたよ」「いつ作るの?」と待ち望み、制作に入ると思い通りにいかず苦戦し、何度もやり直しながら自分だけの船が完成☆「浮いたー」「進んでる!」と大喜びの子どもたちでした。いろんなことに取り組み、経験し、みんなで協力することで自信がついたきりん組の子どもたち…これからも話し合うことの大切さや協力することの楽しさを伝えていきたいです。また、これからはマラソンや鉄棒、縄跳びなどにも取り組みながらたくさん体を動かし健康な体づくりを行なっていこうと思います。

  給食  2022年8月24日(水) 11:09 修正
生まれながらに持っている『視覚』『味覚』『嗅覚』『聴覚』『触覚』といった5つの感覚は、外からの繰り返しの刺激により発達し、体と脳の成長を促します。園では、『味覚』…酸味に慣れてもらうためにお酢を使った献立を取り入れ、酢の物は少し甘めにして食べやすいように工夫し、他にも素材の味を味わってもらえるよう薄味を心がけています。『視覚』…パイナップル・皮付きのトウモロコシ、そら豆、じゃがいも、玉ねぎ等給食に出る前の果物や野菜を見せて食材への関心を高めています。『聴覚』…子どもたちが「今日のおやつはサクサクしている!」「野菜がシャキシャキしてておいしい!」と伝えてくれます。咀嚼によって発生する音はおいしさに繋がり、食材を切る音や調理するときの音を聞くもの食べる意欲になります。『嗅覚』…いりこや鰹節からだしを取り、味噌汁や煮物などを作る際に広がる香りに「いい匂いがする〜」「おなかすいた〜!」と子どもたちの嬉しい声が聞こえてきます。『触覚』…園で収穫したきゅうりやピーマンに触れ「お店のきゅうりより大きい!」「少し曲がってる!」「ちょっとブツブツしてる〜」などの発見や興味が沸いていた子どもたち。給食に出ると「これさっきのきゅうりだ!」「おいしいね」と言って嬉しそうに食べてくれましたよ。毎日の食事で五感を上手に刺激して、健康な体と脳を育てましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20